当館について 考えよう 新潟水俣病 水が作る自然 阿賀野川 水と私たちの生活 環境学習プランについて 当館発刊物 蔵書・資料館 リンク集

お知らせ

HOME > お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

◎ 新潟医療福祉大学が新潟水俣病現地学習と患者さんとの交流を実施しました!

11/03/02
 3月1日、新潟医療福祉大学の学生の皆さんが、鹿瀬発電所や旧昭和電工を巡る「新潟水俣病現地学習」と阿賀野市で「新潟水俣病患者との交流」をしました。
 この事業は、新潟県から新潟水俣病関連情報発信事業の補助金を受け新潟医療福祉大学が「新潟水俣病現地学習と新潟水俣病患者との交流プログラム」として実施したもので、当日はあいにくの雨模様にもかかわらず、約60名の学生が参加しました。
 参加者は、ふれあい館職員のガイドにより、鹿瀬発電所、旧昭和電工鹿瀬工場、昭和電工排水口を見学した後、阿賀野市千唐仁集会所で新潟水俣病安田患者の会の皆さんと交流を深めました。
 新潟水俣病患者の皆さんとの交流会では、患者の皆さんから自分の症状や体験などを伺いつつ、交流会でのコーディネーターを務めた同会事務局長の旗野秀人さんの軽妙な進行で話もはずみ、患者さんから得意の歌も披露していただきました。
 その後、環境と人間のふれあい館で新潟市保健所から新潟市における新潟水俣病への取組と患者さんの状況を伺い、解散となりました。
 学生の皆さんからは、これからも交流を続けたいなどの意見があり、とても感銘を受けたようです。
 大学では、今後も新潟水俣病への取組の継続的展開を検討していきたいとのことです。
<< 関連サイト >>
新潟医療福祉大学
このページのTOPへ HOMEへ戻る
サイトマップサイトのご利用にあたってお問い合わせ
Copyright (C) Niigata Learning Center for Humans & the Environment. All Rights Reserved.