当館について 考えよう 新潟水俣病 水が作る自然 阿賀野川 水と私たちの生活 環境学習プランについて 当館発刊物 蔵書・資料館 リンク集

お知らせ

HOME > 当館について > 利用者からの感想文 > 利用者からの感想文 詳細

利用者からの感想文 詳細

◎ 語り部さんの話をきいて

2004/05/14
 五月の修学旅行では、私達に水俣病の事について、とてもつらい中、分かりやすく、ていねいに、教えてくださってありがとうございました。
 私は、語り部さんに会う前、今語り部さんはどういう気持ちで過ごしているのかなぁと思いました。語り部さんは、あがの川の事を、どう思っていたのかなぁと思いました。水俣病は、どれだけつらい病気なのかなぁと思いました。語り部さんは、水俣病にかかって、どういう気持ちだったんだろうと思っていました。
 私は、語り部さんに会ってあがの川の事を命の川として育ったという事が分かりました。よくあがの川で遊んでいた事も分かって、すごく大事にしていた事が分かりました。それと、水俣病にかかって一番つらかった事は、テレビや新聞にでていて、でていたっと言われる事と、かげで物を言われる事がつらくて、がまんしている事が分かって、すごいなぁと思いました。
 水俣病にかかって、昭和電工会社を、ひきょう、ずるい、許せないと思った事が分かりました。今、語り部さんは、みんなに支援された事を忘れないという気持ちで暮らしている事も、分かりました。
 私は語り部さんに会って、もう二度と公害がおこらないように、自然を大切にするという事、例えば道路や海などにゴミを捨てないようにする事、ゴミが落ちていたら、進んでゴミを拾うようにしたいです。そしてこれからの人生、勇気を忘れず、例えば授業中進んで、自分から手をあげるようにし、自分の夢をかなえられるよう、一生けん命努力し、これからも、強く精いっぱい生きてゆきたいです。
 本当にありがとうございました。
佐渡市立小学校6年生( H 16 .5 .14来館)
このページのTOPへ HOMEへ戻る
サイトマップサイトのご利用にあたってお問い合わせ
Copyright (C) Niigata Learning Center for Humans & the Environment. All Rights Reserved.