当館について 考えよう 新潟水俣病 水が作る自然 阿賀野川 水と私たちの生活 環境学習プランについて 当館発刊物 蔵書・資料館 リンク集

水が作る自然 阿賀野川

HOME > 水が作る自然 阿賀野川 > 阿賀野川について

阿賀野川について

阿賀野川の概要
 阿賀野川は新潟・福島両県にまたがり、流域面積7,710km2(日本で8番目)、川の長さ210km(同10番目)に及ぶ日本有数の大河です。福島県側では阿賀川と呼ばれています。
 源流は福島・栃木県境の荒海山に発していますが、猪苗代湖や尾瀬沼も水源としており、1年間に流れる水の量は約100億トン(同4番目)にのぼります。
 福島県側の流域は、豊富な水量を生かした水力発電がさかんで、52ヶ所(一部新潟県内)の発電所でわが国の水力発電の7%を占める、最大出力373万kwに及ぶ野川は新潟・福島両県にまたがり、流域面積7,710km2(日本で8番目)、川の発電が行なわれています。(1994/平成6年)
 新潟県内の流域は、県境から五泉市馬下までの山間部では舟下り、河口までの平野部では河川公園等に人々が集い、雄大な流れは人々に親しまれています。
阿賀野川流域のみどころ
① 阿賀野川ライン下り ② 奥阿賀遊覧船 ③ 沢海床固公園

「早春の阿賀野川ライン」
撮影:高野栄子氏

「新緑と遊覧船」
撮影:皆川洋夫氏

「チューリップフェアの親子」
撮影:本間一人氏
④ 阿賀野川緑地公園 ⑤ 河口にしずむ夕日 ⑥ 阿賀野川ライン

「サッカー大会」
撮影:佐藤芳恵氏

「落陽」
撮影:藤木昇氏

「街道夕景」 撮影:内山義昭氏
写真提供 : 国土交通省北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所
阿賀野川の四季
 阿賀野川の四季は実に豊かな風情に恵まれています。下の写真は阿賀野川写真コンテストの入賞作品です。

「阿賀の春」
撮影:塚野千之氏

「阿賀野川の夏」
撮影:須貝昭氏

「阿賀の恵み」
撮影:山口良彦氏

「中洲で休む白鳥」
撮影:金子久子氏
写真提供:国土交通省北陸地方整備局 阿賀野川河川事務所
このページのTOPへ HOMEへ戻る
サイトマップサイトのご利用にあたってお問い合わせ
Copyright (C) Niigata Learning Center for Humans & the Environment. All Rights Reserved.