当館について 考えよう 新潟水俣病 水が作る自然 阿賀野川 水と私たちの生活 環境学習プランについて 当館発刊物 蔵書・資料館 リンク集

お知らせ

HOME > お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ詳細

◎ 12月10日、平成23年度「新潟水俣病講演会」参加ありがとうございました!

11/12/10
 平成23年度新潟水俣病講演会に参加の皆様、年末のお忙しく、寒い中を参加
ありがとうございました。
 開館10年を迎えた環境と人間のふれあい館。パネリストの皆様からいただいたご意見をこれからの活動に生かしていきたいと思います。

【平成23年度新潟水俣病講演会】
 新潟県立環境と人間のふれあい館では、熊本県水俣地域で水俣病の経験と教訓を生かした環境教育旅行に取り組む吉永利夫氏による講演と、新潟水俣病の経験・教訓と地域の再生・融和に向けた取組をテーマとしたパネルディスカッションを行います。
 参加をご希望の皆様は、下記の申し込み用紙をダウンロードの上、環境と人間のふれあい館までお申し込みください。

○日  時 平成23年12月10日(土)14時から17時まで
      (13時30分から受付開始)
○会  場 新潟県立生涯学習推進センター 2階 大研修室
      (新潟市中央区女池南3-1-2)
○内  容
 ○講 演 「水俣病を伝えるということ…もやい直しに向けて…」
   講師:吉永 利夫 氏(特定非営利活動法人 環不知火プラニング 理事長)
 ○紙芝居 「阿賀野川物語」 読み手 新潟医療福祉大学のみなさん
 ○パネルディスカッション
  テーマ:「新潟水俣病の経験・教訓と地域再生・融和の取組のこれからを考える」
      ~行政、NPO、大学、地域の協働による取組。ふれあい館に期待される役割~
  コーディネーター:丸田 秋男(新潟医療福祉大学 地域連携担当副学長)
  パネリスト   :吉永 利夫(特定非営利活動法人 環不知火プランニング 理事長)
           山口 庫幸(一般社団法人 あがのがわ環境学舎 事務局長)
           近 四喜男(新潟県立環境と人間のふれあい館 語り部)
           塚田 眞弘(新潟県立環境と人間のふれあい館 館長)

○ 主催 新潟県、協力:新潟医療福祉大学
○ 申込み先 新潟県立環境と人間のふれあい館
  〒950-3324新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
  TEL:025-387-1450 FAX:025-387-1451 E-mail:fureai@abeam.ocn.ne.jp
<< 関連資料 >>
231210新潟水俣病講演会(チラシ).pdf(PDF/550.482KB)
込書.doc(Microsoft Word/100KB)
このページのTOPへ HOMEへ戻る
サイトマップサイトのご利用にあたってお問い合わせ
Copyright (C) Niigata Learning Center for Humans & the Environment. All Rights Reserved.